幼稚園のナースの仕事と必要なスキル

幼稚園ナースの仕事って?

piuehnfjs
 

幼稚園でのナースの仕事は

 

・園児たちの健康管理や園職員の健康管理
・怪我や病気の応急処置
・健康診断時の準備や介助、事後処理など

・歯磨き指導や手洗い指導などの健康指導
・ほけんだよりなどの作成と発行
・園内の環境整備や安全対策

 

・保護者に対しての説明や指導
・防疫対策や水道施設などの衛生管理

このようなことがメインになってくる仕事になります。

 

幼稚園の場合には、幼稚園教諭の免許がなければ
園児たちの保育に携わることが出来ませんから、
手空きの時間帯は事務仕事を依頼されることもあります。

 

必要になるスキルはあるの?

 

幼稚園でのナースの仕事で必要になってくると思われる
スキルを紹介してみましょう。

まずは幼稚特有の病気に関する知識です。

 

大人では重篤になることがなくても、
子どもの場合には発症すると重篤な症状いなる。
というような疾患もいくつかあります。

また季節ごとに流行しやすいウィルス性の感染症
に関する知識も非常に重要
です。

 

・ノロウィルス
・ロタウィルス
・プール熱

・インフルエンザ感染症
・水ぼうそう
・おたふくかぜ

 

これらのウィルス性の感染症は、
発症があると幼稚園内に蔓延してしまうケースもあります。

しっかりとした知識をもっていることで、
防疫を行うことが出来ますので必要な知識の一つです。

 

コミュニケーション能力も必須

nhugusuh
 

幼稚園のナースは、コミュニケーション能力が
必須と言われているスキルの一つです。

子どもたちに理解しやすい言葉で健康指導を行い、
さらに子どもたちが話す内容をしっかりと理解する。

これは保護者でも難しいことです。

 

でも、子どもを病気から守り、健康で過ごさせるためには
これはとても重要なことになります。

また、園内で発生した病気やけがの状況を
保護者に対して説明をするのも看護の仕事に
なってくることが多くなります。

 

子どもたちから発生状況をヒアリングして、
どのようなことが起こったのかを
保護者に正確に伝えることも大切です。

保護者中には詳細な説明を求めてくる人もいますので、
この対応などもしっかりと行う必要があります。

 

アレルギーに関する知識も

 

幼稚園に通ってくる子どもたちには
アレルギーを持っている子どもも多くなっています。

このアレルギーを持つ子どもに関する配慮も
看護師が行うべきことの一つになってきます。

 

重篤なアレルギー症状を持つ子どももいますので、
どの子どもがどのようなアレルギーを持っているのか、
アレルギーによって引き起こされる症状の把握も必須です。

今まではアレルギー症状がなかった子どもでも、
園で初めてアレルギーが発症するケースもあります。

 

どのような状況でアレルギーが発症したのか、
どのような症状だったのかなどを記録し、
保護者や医師に説明をすることも重要な仕事です。

タグ:

Comments are closed.